コスプレの撮影会について

コスプレのイベントが日本のニュースでも話題

世界で開催されているコスプレのイベントが日本のニュースでも話題になるほど、コスプレ人口は増え、イベントも盛んに行われているようです。



私も、たまたま海外旅行に行ったとき、日本のアニメのコスプレをしている外国人団体を見て、日本のアニメの認知度が広がっていることを実感し、また、コスプレに対する偏ったイメージが取り除かれた気がします。



コスプレは、あるキャラクターになりきる為、コスプレの撮影会などでは、コスプレする側も、撮影する側にもある程度の禁止事項を設けているとのことでした。



コスプレする側は、そのキャラクターをリアル追及するわけですが、やはり非現実的なキャラクターを、この現実世界に生み出す為、例えば、大きすぎる衣装、周囲に迷惑や不愉快を与える衣装の禁止、ガスガン、モデルガンは持ち込み可能だが使用の禁止、ペイント、カラースプレー、血糊の持込、使用は禁止など、それぞれのイベントにおいて禁止事項が設定されているようです。



また、撮影する側には、指定時間外の撮影禁止、男性カメラマンの単独参加禁止、媒体問わず、撮影データの商業利用禁止、個人情報の聞き出し禁止などです。
当たり前のように感じる事項もありますが、問題が起きる前に必ず告知しているようです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。